スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

女の子になるための方法

ナイナイアンサー(番組)

相談者 お笑い芸人 北陽 虻川美穂子
相談員 心理カウンセラー 心屋仁之助

虻川
(相談内容)
結婚後、女として見てもらえない。
夫から女の子扱いをして欲しい。

私としてはもっと触って欲しい。
手も繋ぎたい。

添い寝をしようとすると暑い暑い暑いと
拒否される。今、冬ですよ。笑

abu04.jpg


私の服のセンスが気に食わないのか、
夫からは「普通の服着れないの?」って言われて、
普通って何って聞いたら「(ファッション誌)美スト・STORY」みたいな。

似合うわけないっていうか、
なんで、そっちに当てはめなきゃいけないんだよ。
無理だよコレ!ってなる。

(言葉使いについて)

インパルス堤下
虻川さんは旦那に対して「おめぇよ」とか「おめぇが悪いんだよ」とか言うんですよ。
それがいけないんじゃないですか。

虻川
言葉づかいはよく注意されますね。
例えば、シマウマの服を着てて旦那が「フッ」と笑うから
「何だオメェよ!」とか言っちゃうんすよ。

ナイナイ岡村
シマウマが好きなの?

(爆笑)

虻川
デザインの一つとして好きなだけで・・



相談員 心屋仁之助
「あなたは女の子」




心屋
旦那さんが虻川さんのことを女の子扱いしてくれないんですよね。
それは、虻川さんが自分のことを女扱いをしていないからなんですよ。

旦那さんは虻川さんの女性性(じょせいせい)を
大事にしたくて「服装をこういう風にしたら?」と
言ってくれたんですよ。

つまり
旦那さんが「大事にしたいもの」を
虻川さんは「大事にしていない」んですよ。

じゃなんで虻川さんは
男っぽいセリフとか口調になるとか・・
また、女の子らしくすることが受け付けられないのは
すごく簡単な話で、女の子扱いをされてこなかった からなんですよ。

虻川
・・・図星ですよ。

心屋
例えば、昔から男っぽい姿・形だったり背が高かったり
そんなんで自分が女だってことに、すごく攻撃されなかったですか?

虻川
なんか・・なんだろう、なんか悲しくなってきました。
(はい)

心屋
そうですよね。
そしたら自分は女じゃだめなんだ。
男みたいに強くしていかないと負ける、と思ったとしたら
それがまだ続いているだけなんですよ。

虻川
(若い頃の話だから)
もう終わってるっていうか
そういうことは無いはずなのに・・・

心屋
終わってるのに自分の中では終わってないんですよ。
すごくまだ戦っているんですね。

ナイナイ岡村
しかも女芸人ですから女を捨てて
お笑いの世界で頑張らなあかんと思いますからね。

心屋
わざわざ女を捨てられる仕事(芸人)に
就いたんですね。

虻川
今、先生の話を聞いたときに、
パッと頭の中をリフレインして浮かんできた映像が、
青いジャンパーを着て父にノックを受けているんですよ、子供のときに。

それが終わったら高校時代のときに体も大きいし
ソフトボールをやってたので男物の服しか入らなくて、
みんなが可愛いスカートをはいてる時に
自分は男物のネルシャツ着て、、みたいなものが
頭に浮かんできました。

心屋
それがね、自分が無かったことにしていた記憶なんですよ。

小さい私今の私
思い出してってメッセージを送ってきているんですね。

だから、ちょっと、、、


(恒例の魔法の言葉)

「私、女の子だよ」って今言えます?


虻川
abu01.jpg

・・・涙、涙、涙
なんだコレ(泣く自分が)意味がわからん。

心屋
「私、女の子だよ」って。

虻川
・・・涙、涙
(こみ上げて何も言えない)
なんでだろうか。。。涙涙涙

心屋
今まで、女の子を否定されてきたから、
女の子じゃダメなんだと自分で思っちゃってるんで・・

心屋
「私、女の子だよ」

虻川
「私、女の子だよ」

心屋
「私、かわいい女の子なんだよ」

虻川
・・・

・・・

なんか言いづらいなぁ。

abu02.jpg

うぅ~~涙涙


(声援 がんばれアブちゃん)

心屋
「私、女の子だよ」

虻川
「私、女の子だよ」うぅ涙

心屋
「私、かわいい女の子だよ」

虻川
abu03.jpg

心屋
「もっと大事にして」

虻川
「もっと大事に(涙涙)ぢで」

心屋
その言葉が小さいときに言えなかったでしょ。

虻川
あの、ソフトボールをずっとやってきましたので、
みんなが髪の毛を伸ばしてキレイにしているときに、
髪の毛を短くして・・やっぱ強くならなきゃいけないとか
誰よりも早い球を投げたいとか、そればっかり考えてきたから・・

心屋
強くなっちゃいましたよね。

虻川
そーですね。

心屋
男の人の前で、自分の弱い姿優しい姿
見せれなくなっちゃったんですよ。

虻川
それありますね。

心屋
だから、いつもの通り強がってしまうから、
女の子を着せられたとき
ものすごいトラウマが起こるんです。
昔、そんな扱いをしてくれなかったじゃないのって。

ナイナイ岡村
女の子扱いしてほしいけど、
女の子になれないってことですね。

心屋
そう、「今さらなれない私」ってなってるんです。

だから「私、女の子だよ」っていうセリフを
スラッと言えるまで1人になって言ってみて欲しいんです。(繰り返して)

(女の子らしい)服を貸してもらって
その姿を受け入れる練習をしてほしいんです。

アブちゃんが女の子の姿をしてても
周りの人は違和感を感じないハズなんです。
自分一人だけ違和感(トラウマ)を感じているだけなので。

自分の中の女の子を受けれていったら
自分が自分を女の子扱いをすると、
旦那さんは自分のことを女の子扱いしてくれます。

もう言えますよね。
「私、女の子だ」

虻川
「私、女の子だ」

心屋
「私、女の子だもん」

虻川
「私、女の子だもん」

心屋
「私、本当は弱いだもん」

虻川
「私、本当は弱いだもん」

心屋
「がんばってきたな、私」

虻川
「がんばってきたな、私」

心屋
「私、すごくがんばってきたな」

虻川
「私、すごくがんばってきたな」

・・・さっきよりは言いやすくなりました。

「女」っていうのに人より過剰に
反応してたんですよね。

言われてみて自分が一番「女」っていうのに
執着してたんですね。

肩に力が入ってたのが下りました。
カテゴリ
FC2ブログランキング

クリックしてくれた人に感謝。ありがとうございます!

天気予報
クリック募金
クリックで救える命がある。
リンク
月別アーカイブ
プロフィール

みかん

Author:みかん
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。